終身雇用制度の崩壊と言われる昨今の日本社会。一度の人生において一つの会社でずっと勤め続けることはあまりなく、誰しもが理想の職場を求めて転職をする時代が来たと言われています。そのような風潮は私も身をもって感じており、会社で仕事をすることはその組織の中で昇級して行き、偉くなることを目標としているのではなく、様々な職業的スキルを身につけてどのようなことができる人間になるかを目的としているのです。それゆえに、会社の中で何か自分の方向性と違うと感じたときには少々考えて踏みとどまりながらも納得がいかないときは転職という結論を出すことも幾度かありました。



しかし、社会全体がそのような風潮であるからといって、社会そのものが風潮に追いついているかどうかというのは別の話で、優秀な人であれば引き抜きによって高額な報酬を得られる企業へと転職したりするものなのでしょうが、私のようなそこそこの実力しかないサラリーマンにとっては転職を行うことで給料が低くなることも多々ありえるのです。

残業なしの派遣の仕事探しなら、[en]派遣のお仕事情報

実際、未だに多くの企業は生え抜き社員を大切にする傾向ですから、中途採用で雇う社員はそれらの社員と比較しても給料は少なく設定されます。それに転職する会社の特長にもよりますので、私は段々と業務量の少ない会社へと転職しているものなので、企業全体の利益も少なく、当然社員に配当される給与も少なくなり、結果的に最初に務めていた会社に比べて転職するたびにお給料が下がっていってるのが現状です。

残業代でお困りなら??法テラス|法律を知る??相談窓口を知る??道しるべ

私としては経験を考慮して、転職によって給料が上がる仕組みの社会がなってくれればと思いますが、今の日本を見ていると、その時代がくるのはまだ先のようです。