歯を綺麗にするためのホワイトニングは、審美性を高めるためのものであることから、虫歯治療や矯正治療のような必要性は高く無いと言えるかもしれません。ですが、私は歯のホワイトニングを定期的に必ず行っています。その頻度としては、一年に一度くらいのペースでしょうか。一年に一回と言っても、いざ審美歯科に行こうと思うと腰が重くなっていくのが面倒になるときもありますから、それほど楽なものではありません。しかし、私がホワイトニングをするのには大きな理由があるので、定期的な審美歯科への通院は欠かすことができないのです。

脱灰・再石灰化サイクル | リン酸化オリゴ糖カルシウム ポスカ[POs-Ca®] | ファインケミカル

その理由は何かというと、歯がとても黄ばみ易いことです。普段から歯に色がつきやすい食べ物を好む傾向があること、そしてコーヒーとタバコという歯を汚す嗜好品トップ2を愛飲・愛煙していることから、人と比べてもかなりの頻度で歯が黄色くなっていきます。初めてホワイトニングの施術を行ったのが5年くらい前でしたが、その時の私の歯は目に余るほどの色の悪さをしていましたので、相当歯が汚れやすいことが理解できるのではないでしょうか。

仙台 歯医者の案内

人間生きていれば多少の歯の汚れや黄ばみはありますから、その「多少」という度合いであればホワイトニングなどせずにそのまま放置していました。ですが、私の歯は度を超えた見た目の悪い色になっていましたので、さすがにこのままでは人に見せられないし、放置しているとさらに酷い歯の色になってしまうと考えてしまったのです。だからこそ、必然的にホワイトニングを行うような状況に陥ってしまいました。

輪郭抽出器のダウンロード : Vector ソフトを探す!

それほど歯が汚れていない、もしくは汚れていても程々であればわざわざホワイトニングなどする必要はないでしょう。しかし、私ほどの歯になれば人から見られたときに、その見た人へと不快感を与えてしまう可能性が高いですから、そうならないためにも定期的に審美歯科へ通院してホワイトニングを行わなければならないのです。